3月 1週目の加太では…

3月に入り、加太では

・3月3日(水) 淡嶋神社ひな流し
・3月6日(土) 加太の桜鯛祭り

春の2大イベントで、加太の街は賑わいました!

お越し下さいました皆様、ありがとうございました。

加太観光協会では、小さな港町ならではの「伝統行事」を守っていく・「イベント」などを盛り上げるために協会員が定期的に会議を行い積極的に取り組んでおります!

これからだんだんと気候も暖かくなり、釣りやお花見・夕日に温泉・美味しい魚介類、と楽しめる季節となります♪

 
ぜひ、「春の加太」へお越し下さいませ。

お問い合わせは
 加太観光協会 ℡073-459-0003

3月6日(土) 加太の「桜鯛祭り」

3月6日(土) 11:00~14:00

加太大場止駐車場にて
(淡嶋神社前)

加太の「桜鯛祭り」を開催します!

小さなお子様から大人の方まで楽しめる、紀淡海峡を目の前にした加太漁港ならではのイベントとなっておりますので、ぜひ、皆様お誘い合わせの上お越し下さいませ。

詳しくは、上記の案内をご覧下さいませ。
(最新情報欄の上↑↑↑)

お問合せ 加太観光協会 ℡073-459-0003

24-1 24-2 24-3

3月3日(水)正午~  淡嶋神社 雛流し

「雛祭りと淡嶋神社」
男びな女びなの始まりは、淡嶋神社のご祭神である少彦名命と神功皇后の男女対のご神像であるとされています。
また、雛祭りが三月三日になったのは、友ヶ島から対岸の加太へのご遷宮が、仁徳天皇五年三月三日であったことから。
雛祭りの語源も、スクナヒコナ祭が後に簡略化されて、ヒナまつりと言われるようになったとされています。

歴史ある淡嶋神社には、長い時代を静かに生き抜いてきた見事な雛人形から奉納されたものです。姫君誕生のおりに、その初節句には必ず一対の雛人形が奉納されました。
古文書には、姫君たちの名前である寛姫様・菱姫様・芳姫様献上の記述も見られます。
今も、その雛人形には、親のやさしい思いが息づいています。

※当日は南海電車をご利用下さい※
南海加太線 加太駅下車(終点)
徒歩20分(約)

昔の「加太淡嶋街道」
歴史や美味しいものとのふれあいのそぞろ歩きをぜひ楽しんで下さいませ。

加太駅を下ると加太観光協会事務所がございす。加太淡嶋温泉ウォーキングマップなどの街案内がたくさん揃っておりますのでご利用下さいませ。

加太観光協会℡073-459-0003

23-1 23-2 23-3